2010年06月03日

郵政法案 与党が強行採決、衆院通過(産経新聞)

 衆院は31日深夜、本会議を開き、日本郵政グループの3社への再編などを柱とする郵政改革法案を民主、国民新党などの賛成多数で可決し、参院に送付した。与党は参院でも短時間で審議を終え、6月16日までの会期内成立を目指す構え。自民、公明、みんな、たちあがれ日本の野党4党は1日、与党の意向を受け、本会議開催を強行した横路孝弘衆院議長に対する不信任決議案を提出する。

 民主党の山岡賢次国対委員長は31日午前、自民党の川崎二郎国対委員長と会談し、郵政改革法案を31日中に衆院通過させる方針を通告。31日は衆院本会議の定例日ではなく、中国の温家宝首相との外交日程もあったが、民主党は「会期内成立を確実にするためには31日中の衆院通過が不可欠」(国対幹部)と判断し、衆院議院運営委員会で本会議開会を決めた。

 これを受け、自民、公明、共産、みんなの野党4党国対委員長が横路氏に対し、衆院本会議の延期と法案審議の総務委員会への差し戻しを求めたが、横路氏は「手続きは踏んでいる」と拒否、本会議を開いた。

 法案採決に先立ち、衆院本会議では東祥三経済産業委員長の解任決議案を与党の反対多数で否決。赤松広隆農林水産相に対する不信任決議案も否決した。

 横路氏への不信任決議案は自民党が2月に提出し、否決された。国会には同一会期に同一案件を扱わない「一事不再議」の慣例があり、野党が同決議案を再提出しても本会議に上程されない公算が大きい。

【関連記事】
郵政法案きょう衆院採決へ 野党は猛反発 不信任案など連発で徹底抗戦
小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」
喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…
郵政法案に「遺憾」表明 WTO違反も、米欧業界
「はやぶさ」帰還へ

<訃報>みな子姐さん90歳=最後の吉原芸者(毎日新聞)
農水省、口蹄疫拡大で国や県の防疫態勢調査へ(読売新聞)
知人に農薬混入コーヒー=殺人未遂容疑で男逮捕―長野県警(時事通信)
ボンネットに4人…転落した19歳、ひかれて重体(読売新聞)
機密費使途、前任者から説明受けず=政府答弁書で官房長官(時事通信)
posted by キヨノ ユウキチ at 16:53| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。